卵王子こと平野屋です。今日もイロイロと悪戦苦闘ですw
 
<< 平野屋ハルヒの憂鬱 | main | 三国志大戦2 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2013.06.22 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    燃やせ燃やせ、怒りを燃やせ〜!
    0
      走れ走れ、明日に走れ〜! 怒りの炎が、天を突き破る!
      廃墟の中から立ち上がれ! R周瑜(旧)〜っ!

      デッキ:R周瑜(旧)・R周泰・R呉国太・R顔良・C審配
      とりあえずこんなデッキを組んでみた。C審配とUC沮授とで迷ったんですが、個人的にC審配の攻城デリフ「開けなさい!」のカマっぽいボイスがお気に入りなのでC審配を採用。さてさて、どうなることやら。
      1戦目:SR馬超・UC甘皇后・R許チョ・R荀・UC程
      いわゆるSTOデッキの亜種ですね。ダブル反計になってるので、オイラ的にはオリジナルのSTOデッキよりもイヤンな感じがします。
      序盤、今日も真っ平な戦場・・・orz 相手に白銀いるのに、SEGAよ、そんなにオイラが憎いのかぁっ!?
      さて、序盤ですが、まずは互角のぶつかり合い。そしてお互いに一発ずつ攻城。もっとも、こちらは顔良、相手は許チョなので、オイラの方がビハインドって感じでインターバルへ。うーん、いつも思うのだが、オイラには序盤の突破力がないなぁ。長い間、弓単で待ちのスタイルが沁みついちゃってるのかなぁ。
      中盤、相手の甘皇后が踊りだしましたが、反計コンビのおかげで赤壁さんで焼くことができない。で、やや遠目から「先陣の誉れ」で強化した顔良を主軸に攻め上がる我が軍。しかし相手は「連環の法」等も駆使して守ってきます。なんとか敵主力を倒して甘皇后も撃破。この時点で敵城門に周泰、城壁に審配、弓マウントで赤壁さんというナイスな配置。しかーし、そうです、白銀です。このナイスポジションの3隊がほとんど瞬殺されちゃいました。
      あせって「再起の法」を使うオイラ。相手もそのまま攻め上がることはありませんでしたが、お互いが落ち着いた頃には、当然反計コンビも復活してやがります。
      で、終盤も乱戦から白銀発動で相手のペース。攻城こそさせませんでしたが、中盤以降は完全にペースを握れませんでした。
      いやぁ、久々に白銀の恐ろしさを実感しましたよ。兵力が半分前後あった3隊がどれも突撃1回で撤退していったもんなぁ。

      排出カード:Cカン沢
      うーん、微妙なカードだなぁ。悪くはないんだけど、用途が限定されるカードだから、今の卵王子の資産では活かしきれないだろうなぁ。使い勝手の良い単体超絶強化を持つ武将、それこそ白銀馬超とかいれば良いんだろうけどねぇ。

      最近オイラの周りでは病人が続出してるっぽい。具体的にはマーベラーさん(三国志大戦の暴走する猛牛)とか彦左の兄貴(GCBの遅咲きレアゲッター)とか。オイラもそうだが、季節の変わり目なんかは風邪を引いたりしやすいので、皆様も御身体には気をつけていただきたいです。そしてゲーセンで会おう!
      【2006.05.12 Friday 13:50】 author : 引きたい野屋@卵王子
      | 三国志大戦 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2013.06.22 Saturday 13:50】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        「白銀」か〜、1・2回くらいしか使ったことが無いなー。すっかり宝の持ち腐れです(^^;
        「白銀」は守備に使われると溜まりませんな・・・。
        他の武将を囮に出されてダメ計を使ったとしても、白銀馬超さえ残ってたら護り切れますもんねー。
        困ったものです(><)

        風邪には充分お気を付けを!!僕はもう手遅れです(w
        | 荀平 | 2006/05/14 12:25 AM |
        >筍平さま

        「白銀」。使いこなせない自分が情けないです。
        強いのは判ってるんだから、自分でも使えればいーんですけどね。西涼馬超でも同じで、オイラは騎馬が致命的に下手っぴなんですよ。もっと精進しなければ。

        ところで風邪ひいたんですか?
        お大事にして下さいね。
        | 卵王子@平野屋 | 2006/05/14 12:49 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hiranoya.jugem.jp/trackback/53
        トラックバック