卵王子こと平野屋です。今日もイロイロと悪戦苦闘ですw
 
<< 今日はお休み | main | サクサクっと行こう >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2013.06.22 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    紅蓮の炎をとくと味わう
    0
      さて、前回討伐成功したりしたので、今回は調子の乗ってみました。
      っていうのは冗談で、まぁ勢いを維持するためにもデッキ変更せず。

      デッキ:UC夏侯淵・UC典韋・UC司馬懿・C文聘・C陳宮
      これで六品の荒波に挑んでやるぜぃ!

      1戦目:SR呉夫人・R孫策・R周泰・R太史慈・C呂範
      呉単のバランスデッキ。柵2枚に伏兵・ダメ計・号令・超絶強化。強そうだな。
      序盤、孫策が仲達を踏んで撤退。その仲達が呂範を掘ってくれるというナイスなスタート。主力が柵を壊している間に、陳宮が壁を一発叩くことにも成功。良い感じでインターバルに。
      中盤、「賢母の助け」を雲散するものの、主力が呂範に焼かれて撤退。「再起の法」で防衛には成功するものの、主力の知力が1・2・3という我が軍団にとっては、ダメ計は天敵だと再認識。
      終盤、「火計」を警戒しながら進撃する我が軍団。徐々に相手を押し返して主力部隊が敵城壁に取り付く。ん? 主力部隊が敵城壁に取り付くってことは、主力部隊が敵城壁付近に固まってるってことで・・・「紅蓮の炎をとくと味わえっ!」
      はい、紅蓮の炎をとくと味わった主力部隊は壊滅。残る低武力チームでは敵の反攻を支え切れず、城に2〜3発のダメージが。そして時間切れで判定負け。うーん、気をつけてたはずなのに、熱くなるとついつい突っ込んで行っちゃうのがオイラの悪い癖なんですよねぇ。これが治らないと六品定着は難しいかのぉ。

      排出カード:UC程普
      こないだの3枚に続いて、またもやコスト1.5のアンコモン。とはいえ、これは使い勝手の良いカード。こいつを引いたからは、ちょっとデッキ考え直しかなぁ。とにかく低知力ばかりというのはなんとかせんといかんかなぁ。

      これで残り回数は3回です。そして、次はおそらく七品降格戦だと思います。うーん、やはり「卵王子」の所持カードでは七品がいっぱいいっぱいなんでしょうかねぇ。
      そして相変わらずコメントが少ないー。むーん、SRカードも欲しいが、人徳も欲しいやー友達少ないのがバレちゃうなぁ・・・
      【2006.05.19 Friday 15:22】 author : 引きたい野屋@卵王子
      | 三国志大戦 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2013.06.22 Saturday 15:22】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        最近使われることの少なくなった呂範まだまだ健在ってことですな。
        お馬鹿の多いデッキにとってはマップ兵器は大敵ですなぁ・・・
        UC程普ですか。もう呉単でがんずれってことですね。
        | マーベラー | 2006/05/20 10:30 AM |
        先日、ついつい朱桓の火計に全員入ってしまったことがあります(^^;
        完全に忘れてました・・・。やっぱりダメ計っていっきに場を変えますよね!
        大戦2の計略はどんなのが出てくるんでしょうね〜

        程普ですかー、初期には大変お世話になりました。「遠矢戦法」が地味に強いっす♪
        | 荀平 | 2006/05/21 2:16 AM |
        >マーさま
        呂範はねぇ、昔は主力で使ってましたねぇ。アイツは使える漢ですよ。今なら虞翻を使う方が多いと思うんですが、どっちも高性能な1枚ですね。
        程普はねぇ。次回の卵王子で使う予定っス。

        >筍平さま
        大戦2の計略はやってみないと判んないだけに期待と不安が五分五分って感じですね。
        程普は上にも書いてますが、次回出撃予定です。たぶん降格戦になると思いますので、ぜひ頑張ってもらいたいです。3日後には知力下がるし(w
        | 卵王子@平野屋 | 2006/05/21 10:40 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hiranoya.jugem.jp/trackback/58
        トラックバック