卵王子こと平野屋です。今日もイロイロと悪戦苦闘ですw
 
<< サクサクっと行こう | main | 今日から「三国志大戦2」! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2013.06.22 Saturday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    「三国志大戦」最期の日!
    0
      そして君主カード「卵王子」の残り回数は2回。今日緒戦敗退すると、きっちり使い切れずに初代「卵王子」が終了ってことになりますので、ぜひとも勝ちたいものですわ。

      デッキ:R周泰・R呉国太・UC程普・C孫静・C虞翻・C祖茂
      昨日と同じです。なんと言っても六品のアシミニデッキと互角の実績を持つ強力デッキ(笑)。はたして柵5枚の向こうに見えるのは希望か、絶望か?
      1戦目:SR太史慈・R孫堅・Cカン沢・C虞翻・C祖茂
      にょほ、スーパーフトシ君ではないか。これは推挙→乱れ撃ちのコンボ狙いかな?
      序盤、お互いの弓が牽制しあう形で展開。ところが、士気が貯まって早々に「乱れ撃ち」を発動されたところで急展開。とりあえずシジーに乱戦を仕掛けて乱れさせないようにしつつ撃破。そのまま祖茂を走らせて壁に一撃。
      中盤、中央付近の乱戦状態で、相手さんの虞翻が「火計」。負けじとオイラの虞翻も「火計」。お互いボロボロになってインターバル。
      終盤、中央付近から推挙→乱れ撃ちを仕掛けてきたので、全員で帰城(笑)。シジーが頑張って柵を壊している間に、「火計」。主力を失った相手を撃退して終了。
      判定勝ちで六品昇格。とりあえず1勝できたのは嬉しい。

      2戦目:R周泰・R太史慈・UC程普・C陳武・C虞翻
      騎馬なしの柵3枚という、守備重視の呉バラって感じ。泥試合の予感(w
      序盤、両軍似たような構成からか、地味に撃ち合い。で、中央では周泰同士の一騎打ちが発生。当然のように負けました。その隙に我が軍の柵はかなり壊される羽目に。
      中盤、同じような展開だったものの、オイラの虞翻がやられた隙に、相手の虞翻が「火計」。主力を失った我が軍は相手を支え切れず、程普に壁パンチをもらう結果に。
      終盤、今度はオイラが「火計」で相手の布陣に穴を開けたものの、まだ相手の柵が健在。時間が迫る中、なんとか孫静が壁パンチに成功。ここでタイムアップ。結果は引き分けで七品降格。
      攻城は同じ弓兵同士で、相手の武力の方が3も高かったので、負けを覚悟してたんですが、まぁラッキーだったかな。ありがとう、ランダム要素。でも相手さんは悔しいだろうなぁ。筐体を蹴ったりしてなければいーけど。

      排出カード:C陳武・UC魯粛
      呉の武将2人。陳武は昔メインデッキで使ってたことがありますよ。勇猛持ちだし、地味に使えますよね。アゴはダブリンコだし、まぁ特にコメントの必要なしですな。

      「三国志大戦」最期の日に、ちょうど君主カードの残りがゼロになりました。明日以降は「三国志大戦2」でのチャレンジになろうかと思います。問題は「混雑しまくりでプレイできそうにない」とか「R1○駅前店、まだバージョンアップしてないよ」とかになるかどうかって所ですかね。とにもかくにも楽しみに待つとしましょう。
      【2006.05.23 Tuesday 15:46】 author : 引きたい野屋@卵王子
      | 三国志大戦 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2013.06.22 Saturday 15:46】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        「卵王子」きれいに使いきり乙っす!
        たぶん明日になってもバージョンアップされてないと思うけどもしされてたらいち早い感想UPよろしくっす♪

        結局カードコンプできんかったなぁ・・・
        | マーベラー | 2006/05/23 6:17 PM |
        >うけどもしされてたらいち早い感想UPよろしくっす♪
        頑張るっス。ってか、能力やら計略やら変わるんだよね。デッキどうしよう?

        >結局カードコンプできんかったなぁ・・・
        それはオイラとて同じことっス。
        | 卵王子@平野屋 | 2006/05/23 11:36 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hiranoya.jugem.jp/trackback/60
        トラックバック